新薬との比較|ストロングハートプラスを通販で買う方法/新薬との比較
お皿にのっている薬

新薬との比較

カプセルと錠剤

通販サイトを利用すれば、ストロングハートプラスのようなジェネリックでも購入できることはわかっていただけたと思います。
ですが、日本でも新薬であるカルドメックなら動物病院から処方してもらうことができます。
どちらも成分や効果は同じですので、それならカルドメックを処方してもらえばいい、と思う人もいるでしょう。
しかし、新薬を購入するかジェネリックを購入するかでは、料金に明確な差が出るのです。

ジェネリックはすでに流通している新薬を基にして開発されています。
そのため、開発手順や安全性はすでにわかっており、そこまでのコストをかけずに開発されています。
開発コストを抑えられるということは、販売価格も安く設定できるということなのです。
そこで、「動物病院からカルドメックを処方してもらう」「個人輸入代行でハートガードプラスを注文する」「個人輸入代行でストロングハートプラスを注文する」の3パターンを比較してみましょう。

中型犬用のものを6ヶ月分購入したとすると、カルドメックを処方してもらう場合は10,000円前後かかってしまいます。
それに対し、ハートガードプラスを注文した場合、なんと3,000円程度で購入できるのです。
さらに驚きなのが、ストロングハートプラスなら2,000円前後で購入できてしまいます。
どの動物病院、どの通販サイトを利用するかによって料金は前後しますが、料金の差をわかっていただけたでしょうか。
動物病院から処方してもらう場合は、さらに診察費や検査費もかかり、出費はかなりの額になります。
みなさんの経済的な負担を考慮しつつ、愛犬のフィラリア症治療をするとなれば、ストロングハートプラスを個人輸入代行で購入するのが断然お得なのです。